• Unknown 50-60's Gabardine Jacket


  • 北海道函館市の古着屋アメキシカの竹中です。

    本日はこれからの季節に活躍する通称「ギャバジャン」をご紹介。

    1950〜60年代頃の人気のダークカラーでございます。

    ちなみに過去に入荷したブラックは全て「Sold Out」になっています。

    よくワークジャケットがなんでこんなに高いんですか?と質問されます。

    ヴィンテージ古着好きの方ならありえないと言われそうですが

    ネタじゃなくて本当に言われるんです。。。

    ワークジャケットはコットンやポリ混合が多いですが

    1950年代の通称「ギャバジャン」はギャバジン織りでレーヨンが多いです。

    形は似ていても使われている素材が違います。

    同じ形でも「金」と「鉛」は価値が違いますよね。。。同じことです。

    コットンをレーヨンギャバに変える錬金術が使えたら儲かるでしょうね。。。

    当時の用途や生産量からコレクターが居るので集めた洋書も存在します。

    なんで新品で1万円ぐらいで売ってる「Levi's 501」が何万もするんですか?

    って言われたことも本当にあるんですよ。。。

    やっぱりヴィンテージ古着に興味がない方ならそう思うんでしょうね。

    ブランドに興味がない方なら何十万円もするバッグの意味がわからないと同じ。

    余談が長くなりました。。。


    uggj2.jpg

    ジッパーは「CONMATIC」を使用しています。

    ブランドタグが付いていた跡はありますが欠損しています。

    実寸は「36」ぐらいでポケットの中もかなり綺麗な状態ですよ。

    実寸:肩幅 約41.5cm 身幅 約55cm 着丈 約64cm 袖丈 約62cm

    価格:¥20,895-


    柄物よりお求めやすい価格なので本当にワークジャケット代わりもあり。

    逆にレアなワークジャケットのほうが高い場合もありますよね。

    初心者の方にも挑戦しやすい価格なのでぜひ。

    それでは明日も皆様のお越しをお待ちしております。


    Amexica (Traci's Cafe)
    7-12 Matsukazecho Hakodate
    Hokkaido Japan 040-0035
    Mail:Mailform
    定休日:不定休

    にほんブログ村 ファッションブログ 古着へ
    にほんブログ村
    スポンサーサイト

    コメント

    コメントの投稿

    • URL
    • コメント

    • パスワード
    • 秘密
    • 管理者にだけ表示を許可する