• 1950-60's Patterned All Over Shirt


  • 北海道函館市の古着屋アメキシカのセニョール竹中です。

    本日は1950〜60年代頃の総柄オープンカラーシャツをご紹介。

    左が「Pilgrim」で右は「Towncraft」です。

    どちらも皆様ご存知のアメリカ3大ストアブランドですね。

    本当はもう1枚ご紹介する予定でしたが撮影時にダメージを発見しました。

    好きな方が多いブラックに近いグレーベースなのでご紹介できずに残念。

    ハンガーを引っ掛けたような裂けなのでうまくリペアできなければ

    私物行きになりそうです。。。

    他に「Brent」もあれば良かったのですが派手目の総柄がなかったので断念。


    p50cs1.jpg

    ゴールドorイミテーションゴールド部分の剥がれもなく良い状態。

    素材表記はありませんがコットン系でタグの種類からハワイアン扱いかも。

    表記サイズは「M 15-15 1/2」です。

    実寸:肩幅 約44cm 身幅 約54cm 着丈 約72cm 袖丈 約21.5cm

    価格:¥15,645-


    t50cs1.jpg

    ファッションショーの衣装貸し後にクリーングして出し忘れていた商品。

    素材表記はありませんがコットン系なので扱いが比較的に楽ですよ。

    表記サイズは「M 15-15/12」です。

    実寸:肩幅 約45.5cm 身幅 約54cm 着丈 約70cm 袖丈 約22cm

    価格:¥13,545-


    どちらもコットン系素材なのでレーヨンに比べ扱いやすくお求めやすい価格。

    この柄でシルクやレーヨンなら発売当時も高価なシャツでしょうね。

    ストアブランドなので仕立てるよりは安価だとは思いますが。

    ちなみにハワイアンを主にレーヨン(人工絹)で生産していたのは

    1940後半〜50年代頃の約10年間で60年代頃からポリエステルが登場します。

    逆にもっと古い物だとシルク(絹)やコットン(綿)が多いです。

    コレクターの多くはレーヨンのハワイアンシャツを集めますが

    今回のシャツは扱いやすさ重視でBOXシルエット好きなら大好物かと。

    好配色で状態の良い総柄オープンシャツをお探しの方はぜひ。

    それでは皆様のお越しをお待ちしております。


    Amexica (Traci's Cafe)

    7-12 Matsukazecho Hakodate
    Hokkaido Japan 040-0035
    Tel:0138-23-4535
    Mail:amexica_traciscafe@yahoo.co.jp

    Shop & Cafe:11am-19pm
    Bar Time : 19pm-

    にほんブログ村 ファッションブログ 古着へ
    にほんブログ村
    スポンサーサイト

    コメント

    コメントの投稿

    • URL
    • コメント

    • パスワード
    • 秘密
    • 管理者にだけ表示を許可する