• Lee 50's Jelt Denim Bib Overalls


  • アメキシカのセニョール竹中です。

    1950年代頃の「Lee」のビブ・オーバーオールが入荷しました。

    ちなみに「ビブ」は胸当てのことでワークパンツなどと区別しています。

    リアルワークで使われたのかペンキとオイルの汚れはありますが

    色残りは多く、ジェルト特有のどす黒さが良い雰囲気です。

    この商品と言えば「Lee」を全米に知らしめたウェアでもありますね。


    leejdoa2.jpg

    背中のタグも綺麗に残っています。

    ちなみに「Jelt Denim」とは

    1925年に「Leeが」が採用したワークウェア用デニムの名前です。

    従来のデニムよりも強度が高く耐久性があるので労働者に人気でした。

    横糸がグレーっぽい色なので特有の色落ちをしますよね。


    leejdoa3.jpg

    もちろん通称「ロングL」です。

    頭文字の「L」の下部分が横に長いロゴデザインのこと。

    このボタンは1950年代頃までしか使われていません。


    leejdoa4.jpg

    胸当てのタグも残っています。


    leejdoa5.jpg

    ドーナツボタンのボタンフライ仕様です。


    leejdoa6.jpg

    表記にもある「Union Made」なのでユニオンチケット付きです。

    ブランド「LEVI'S」との違いはここですよね。

    実用性重視で野暮ったい感じが「Lee」の良い部分でもあります。


    実寸は「W約35×L約29」で価格は2万円を切った

    お値打ちな「¥19,845-」です。


    leeadv1.jpg

    1940〜50年代頃の広告です。

    当時は「Cowboy or Riders」より前面にビブ・オーバーオールです。

    力を入れてこだわっていたのがわかりますよね。

    新しめの「Lee」にはない古い年代特有の良さをお求めの方はぜひ。

    それでは明日も皆様のお越しをお待ちしております。


    Amexica
    7-12 Matsukazecho Hakodate
    Hokkaido Japan 040-0035
    Tel:0138-23-4535
    スポンサーサイト

  • Sundial 50's Penny Loafers
  • sdsbpl1-1.jpg

    アメキシカのセニョール竹中です。

    数足あったデッドストックのペニーローファーが残り1足になりました。

    1950年代頃の「Sundial」のブラウンカラーです。

    未使用品の箱無しデッドストックですが

    買い付けた時からアメリカ本国での保存状態による経年変化と

    試着による目立たない傷やシワが少しあります。

    製造された年代を考えるとかなり程度の良い部類に入ると思いますよ。


    sdsbpl2.jpg

    内側のブランド表記も綺麗に残っています。

    ブランドロゴが商標登録された年を調べると「1932年」で

    最初に使用されたのは「1923年」と出てきました。

    古くからあるブランドですね。

    ちなみに「International Shoe Co」のブランドです。

    東部地区の一般部門が「Sundial Shoe Company」でした。

    親会社はオーダー部門や特別部門のブランドも沢山あるので

    気になる方は調べてみてください。


    sdsbpl3.jpg

    ヒール部は「LIGHT TREAD」を使用しています。

    表記サイズ「7 1/2 D」でアウトソールの長さ「約28.5cm」で

    幅の最も広い部分が「約11cm」です。

    価格はお買い得な「¥20,895-」ですよ。


    sundiala1.jpg

    1950年代頃の広告。

    子供用の靴も作っていたようです。

    当時の実物や色んな通販カタログを見ていると子供服も

    大人用と同じ作りだなと感心します。


    今回の靴は当時の一般部門ですが、現代の基準なら良い作りだと思いますよ。

    残り1足なのでお好きな方はお早めに。

    それでは皆様のお越しをお待ちしております。


    Amexica
    7-12 Matsukazecho Hakodate
    Hokkaido Japan 040-0035